聞き取りにくい名字の人、集合!【ちょっと笑える話】

スポンサーリンク

某古本屋に行った時のこと

本を数冊売ろうと思い、カウンターに持って行った

「では完了しましたらお呼びしますのでお名前をお願いします」

「コハラです」

コハダ様ですね」

なんでコノシロの小さいもの扱いされんといかんのじゃ

とは思ったものの

コハラはたしかに発音しにくい

「O」の発音をしたあとに「A」の発音を2回続けることに無理がある

どうしてもオハラやコアラに聞こえてしまうのだ

何度も電話で苦戦した。

あえて「ハ」のところを強調して伝わるように工夫したり、

知らない人に呼ばれる場合は

オハラ
オバラ
コバラ

全てに対して返事をしている。

本当のオハラさんがいた場合は困るのだが、今のところそんなミラクルは起きていない。

ヤマダとかイトウがよかったと思ってしまう。

かなり昔の職場で、餃子の王将にパシらされたことがある。

その時の予約の名前が「綾小路

人に餃子を取りに行かせておいてボケるとはひどいもんだ。

絶対スベるなと思って受け取りに行くと、王将のおばはんが綾小路様ですね、お待ちしておりました。

と大きな声で最高の笑顔

ヤマダを望んでいたのに綾小路になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。