人生は引っ越しの連続【ちょっと笑える日常】

スポンサーリンク

父が転勤族だった影響もあり、我が家は引っ越しが多い。

そこで自分は何回、引っ越しをしたのか数えてみた。

物心ついていない時から数えて良いなら、

名古屋⇒神戸(実家)

神戸⇒広島(実家)

広島⇒広島(実家)

広島⇒京都

京都⇒京都

京都⇒香川

香川⇒香川

香川⇒香川

香川⇒京都

京都⇒香川

香川⇒神戸

同じ場所があるのは、その都道府県の中で引っ越しをしているからである。

計11回

さらに実家は、私が離れている間に2回引っ越ししている。

数か月前までは、4人家族それぞれがバラバラに暮らしていたというユニークな家庭である。

去年だけでも、家族の中で4回引っ越しがあった。

実家が引っ越して、父が定年退職で単身赴任から家に戻ってきて、私が2回引っ越した。

親が引っ越すことはもうほとんどないだろうが、私も弟も近々また引っ越すことになるだろう。

そんな引っ越しが日常にしみついている私としては、本の移動が大変である。
今でこそ数をかなり減らしたが、それでもマンガだけで4ケタ余裕で持っている。

普通の本もあわせると、何冊あるか分からない。

そして私の家族は皆がマンガ好きのために、尋常ではない数になってしまう。

つまり、本さえつめてしまえれば、引っ越しの7割がた終わったと思って良い。

以前、香川で引っ越しをした際こんなやりとりがあった。

引っ越し業者A「次はこれ運ぶぞ」

引っ越し業者B「はい」

引っ越し業者A「これ重いぞ、本だな」

引っ越し業者B「分かりました」

引っ越し業者A「これも重いな、本が入っている」

引っ越し業者B「了解です」

引っ越し業者A「これも本だわ」

引っ越し業者B「はい」

引っ越し業者A「もう全部本だわ

引っ越し業者B「・・・」

いや、引っ越し業者の方すいません。
ダンボールのほとんどが本です。

みなさんは何回くらい引っ越しを経験しているだろうか。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。