シンプルライフの節約術-モノは捨てる-

スポンサーリンク

時間、お金、精神的なストレスを最適化して、シンプルな暮らしをするためにはモノを減らす必要がある。

今回はモノを減らすための気持ちについて。

モノは捨てる

モノは何も意識しなければ増え続ける。ほとんどの人にとってモノが増えて困ることは人生において重要な課題になっている。

収納の仕方や片づけ方といった方法が出回っているが、そんなことよりも何よりもモノを処分する必要がある。

どれだけ収納しても、目の前から片づけても、モノは自分の空間に存在する。物理的に自分の所有地を占領し、精神的にも思考の数%を奪ってしまう。

だから、モノは捨てるしかない。

モノを捨てる時に大事なこと

どのモノを捨てようかと漠然と考えてはダメだ。一つ一つのモノをじっくりと観察して、これは捨てられるかどうかを考えなければならない。

捨てるモノを探していると結局どれも捨てられないことがある。そうではなく、これは捨てても問題ないかどうかを一つずつ考えるのだ。

旅行の記念に買ってきた置き物は本当に家の中に必要なのか
予備で置いてある椅子は今までに何回使ったのか
収納するためのカゴやボックスの数が多すぎないか

こういったことを目にとまるモノの片っ端から考えていく。

家全体を見回しても結局、何も進まない場合が多い。

目の前の一つが本当に必要なのかどうか

ここからシンプルライフは始まっていく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。