聞くと聴くの違い-メルマガ人間論vol3-

スポンサーリンク

辞書的な意味

聞く:音を耳で感じ取る。自然に耳に入ってくる。
聴く:聞こうとして聞く。注意してよく聞く。

違いをほとんどの人が分からない

話を聞いてあげるから話してみてという人間があなたの周りにいたことがあるだろう。そういった人間のほとんどが聞くと聴くを理解していない。

人の話を聴くというのは実はとても大変な作業である。自分の主観や意見は全て横に置いておき、話している相手が思うことを相手の立場で理解し、その考えに追従する。くれぐれも自分の主観的なものをそこに介在させない。これらの行動をひたすらに行う。

すると、その相手が自ら新たな気付きを得ることがある。自ら気付くというところが重要である。気付きを得ると、相手が一定の満足感に達する。すると、話を聴けたということになる。

相手の話を聴く

ここまでの作業をどれだけの人間が行っているだろうか。これができるということは一種の才能があるといえる。

自分はよく相手の話を「聴く」と思っている人はほとんど「聞いている」だけである。

「私は~だと思う」
といった自分の意見を相手に投げかけていないだろうか。もしそれをしているとしたら、それは相手の話を聴いていない。意見と意見をぶつけて議論しようとしている。

部下が話をしてくれない
恋人が自分に相談してくれない

といった悩みがあれば、聞くと聴くの違いをもう一度考えなおしてほしい。相手はあなたの意見がほしいのではない、あなたに自分の話を聴いてほしいのである。

(こちらの無料メルマガに興味がある方は右の登録バナーから登録をお願いします)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。