プロからはオーラを感じる-黒沢語録-

スポンサーリンク

プロとよばれる人たちからはオーラが感じられると黒沢は言う


天牌外伝3巻

黒沢は圧倒的な麻雀の力を持っているが、自分は麻雀のプロではないと語っている。そんな黒沢がプロにはオーラが放たれていると言う。

黒沢と話す麻雀のプロたちは自分たちの服や鞄を麻雀卓に投げるように置いていた。そして捨て牌についての黒沢の意見もバカにしたように一蹴する。

そんな彼らに黒沢が投げかけた言葉が、

どの世界でもプロって名のつくモンにはわずかでも不思議なオーラが放たれてるもんだ

この言葉である。

黒沢は人を見た目で判断することはない。しかし、そんな黒沢もプロとは見た目で分かる存在なのだろう。

見た目が良くなくても実力があれば良い。そう考えている人間は実力もお粗末な場合が多い。

オーラを放つプロになるために、相手からどのように見られているかに注意を払うべきである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。