堕ちるのを止めるのは己の意志力-黒沢語録-

スポンサーリンク

堕ちていくのを止めるためには自分のある力に頼るしかないと黒沢は語る


天牌外伝9巻

黒沢が優しさでかけた忠告を全て無視して窮地に陥った男がいた。

それでも黒沢はその男を救ったが、それに懲りずまた男は堕ちていった。そんな彼の様子を聞いた黒沢が放った言葉がこれである。

堕ちるのを止められるのは所詮、己の堅固な意志力でしかないからな

堕ちていった男に同情しているわけでも憤慨しているわけでもない。あえて自分にも向けて戒めているかのようにも聞こえるこの言葉はとても深いものである。

周りの助けや助言は、時として耳に入らなくなる。

そんな状態にはだれもが陥る可能性がある。そのために日頃から意志力を磨いておく必要がある。

周りのだれにも頼らないというやせ我慢ではなく、自分自身を救うのは結局自分の培ってきた心のありようであることを黒沢は教えてくれる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。