強さとは-メルマガ人間論vol14-

スポンサーリンク

だれが強い?

強さとはどのようなものだろうか?

ケンカに強い人が強いのか。

そのケンカに強い人より強い格闘家が強いのか。

その格闘家を銃で倒せる人が強いのか。

銃も殺人術も使える軍隊の人が強いのか。

もしくは、核兵器のスイッチを押せる人(もちろん一人ではムリだが)なのか。

それとも、毎日、頭を下げて頑張っているお父さんたちが強いのか。

毎日、ご飯を作ってくれるお母さんが強いのか。

強さとは・・

私が初めて大切なものを持ったと認識した時、自分の行動を隅から隅まで考える契機になった。自分のせいでその人に危害を加えられたくないからだ。

そう思ってから「強さ」とは大事なものを守る力ではないかと思うようになった。

大切なものができたらそれを守っていかなければならない。それを自分で守ることができるかどうかを「強さ」と言うのではないかと思っている。

大切なものは人でなくても構わない。モノだったり、考え方だったり、環境だったり、それは何でも構わない。

そのような自分の大切なものを守ることができるかどうかを「強さ」とよぶのではないか。

力が強いかどうかだけではない。日々、家庭を守るために仕事をする世の中の父親たちも強い人間であると言える。

私も強い人間になるために日々努力している。

(こちらの無料メルマガに興味がある方は右の登録バナーから登録をお願いします)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。