闘い破れてのたれ死のうがそれが何だってんだ-黒沢の生き方-

スポンサーリンク

黒沢の人生観から生き方を学ぶ


天牌外伝8巻

サラリーマン雀士の能登山さんが会社の後輩へのリベンジを行うために黒沢はコーチ役をかって出た。彼の技術は申し分ないものだったため、心のあり方をこのように説いた。

闘い破れてのたれ死のうがそれが何だってんだ、自分の選んだ生き様だろう

自分の選んだ生きる道、どうなろうが自分の責任である。それは時に冷たく聞こえるが、まさにその通りである。

周りの人間は無関係、といった意味ではなく自分の選んだ道を自分で信じ、周りの雑音は気にせず突っ走れば良いと教えてくれる。

生き様に誇りを持って生きること

これは黒沢が言うからこそ説得力のある言葉として受け止めることができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。