大人と子どもの違いは?-メルマガ人間論vol10-

スポンサーリンク

大人と子ども

大学生の頃に大人と子どもの違いは分かるか?
と大学生の頃にある人に言われた。

いろいろ考えていくつか答えたが、全て違ったようだ。

その人の答えは

「与えられるだけなのが子ども、与えることができるのが大人」

その時はあまり納得しないまま帰宅したのだが、その日からこの言葉を忘れたことがない。

この言葉をしっかりとかみしめて外に出ると、今まで大人だと思っていた人たちがほとんど子どもに思えないだろうか?

周りに与えることができる大人になる

そして、自分も子どもかもしれないと思ってしまう。

大人になるためには周りに与えなければいけない。

何を?

それを考えることが重要であると思う。常にそれを意識し続け、自分を向上させ、与え続けられる人が大人だ。

仲の良い友人
身近にいる子どもたち
職場にいる新人
初めて会った取引先の人
家族

全てに与えられる人を大人とよびたい。そんな人間に皆がなりたいと思えたら、この国の未来に希望を持ってくれる子どもたちがもっと増えるだろう。

(こちらの無料メルマガに興味がある方は右の登録バナーから登録をお願いします)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。